トレーナー研修プログラム

ステップ①
1、 国内外で活躍するスポーツトレーナー、コンディショングコーチになるためには

2、 傷害予防への身体的コンディショニングついて

3、 傷害予防への身体的コンディショニングについて

4、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(総論)

5、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(股関節)

6、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(膝関節)

7、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(足関節)

8、 応急処置とBLS

見学実習 2回

 
ステップ②
1、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(上肢①)

2、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(上肢②)

3、 スポーツ特有の疾患に対するアスレティックリハビリテーションについて(体幹)

4、 スポーツ栄養 基礎編

5、 テーピング 基礎編 上肢

6、 テーピング 基礎編 下肢

現場実習(10回)傷害者 対応

 

 
ステップ③
1、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(総論)

2、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(スピード強化)

3、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(マッスルストレングス)

4、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(アジリティーとバランス)

5、 パフォーマンス向上に向けたフィジカルトレーニング(体幹トレーニング)

6、 スポーツ栄養 応用編

7、 テーピング 応用編 上肢

8、 テーピング 応用編 下肢

9、 スポーツ現場での簡易評価とプレー可否の判断について

10、 脳震盪に対する評価とプレーの再開

11、 競技復帰に向けたトレーニングメニューの立案と実践

12、 パフォーマンス向上に対するトレーニングメニューの立案と実践

13、 スポーツ現場における全般的な緊急時の対応について
(現場実習)実践
(海外研修)